東京No.1親子 オフィシャルWEBサイト

HOME

Header1.png

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

●最新ニュース

●公演に関するお知らせ

当日券について

当日券は開演の60分前より、劇場にて販売いたします。
日によって枚数は異なりますので、あらかじめご了承下さいますよう、
お願い申し上げます。

上演時間について

上演時間は、約1時間50分。途中休憩はございません。

●ムービー

『あぶくしゃくりのブリガンテ』稽古場映像(30秒)




●メディア出演情報

エンタメ特化型情報メディア「SPICE」 掲載

初日観劇レポート&インタビュー

エンタメ特化型メディア「SPICE」に初日観劇レポートが掲載されました。

「佐藤B作・銀平親子が舞台初共演!“東京No.1親子”初日レポ&爆笑インタビュー!」

シアターガイド 3月号 掲載

佐藤B作&佐藤銀平&福原充則 インタビュー

2/2(火)発売の「シアターガイド3月号」に
佐藤B作&佐藤銀平&福原充則のインタビューが掲載されます。

ホームページ:http://www.theaterguide.co.jp/

1/30(土)12:00〜 BS朝日「徹子の部屋」再放送

佐藤B作、佐藤銀平 出演

TV_icon.png
1/30(土)12:00〜13:00 BS朝日にて、
「徹子の部屋」再放送に佐藤B作、佐藤銀平が登場。
先日見逃した方はぜひご覧ください!!
番組ホームページ:http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/

1/20(水)12:00〜 テレビ朝日系列「徹子の部屋」

佐藤B作、佐藤銀平 出演

TV_icon.png
テレビ朝日系列 毎週月曜日〜金曜日 ひる12:00〜に放送している
「徹子の部屋」に佐藤B作、佐藤銀平 親子で出演します。
『あぶくしゃくりのブリガンテ』の話もしています!ぜひご覧ください!!
番組ホームページ:http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/

12/6(日)10:00〜 TOKYO MX「ぷらちなライフ〜人生楽笑〜」

佐藤B作、佐藤銀平 出演

TV_icon.png
TOKYO MXテレビ 毎週日曜日 10:00〜11:00に放送している
「ぷらちなライフ〜人生楽笑〜」に佐藤B作&佐藤銀平 親子が出演します。
番組ホームページ:http://s.mxtv.jp/variety/platinum_life/

●イントロダクション


佐藤B作と佐藤銀平親子による演劇ユニット
東京No.1親子 第一回公演
『あぶくしゃくりのブリガンテ』

topic_banner1.png


「東京No.1親子」とは?

いつかは息子と共演したい、芸の厳しさをしっかりと教えてやらねばならん!と思っていた佐藤B作と、いつかは親父と共演したい、でも厳しくされるのは嫌だな…と思っていた佐藤銀平が、脚本家・演出家の福原充則との出会いをきっかけに立ち上げた親子ユニット。


●キャスト

佐藤B作(さとう・びぃさく)

Img19523a.JPG

プロフィール

1949年2月13日生まれ。
福島市飯坂温泉出身。福島高校卒業、早稲田大学中退。1973年、劇団東京ヴォードヴィルショー結成、現在も座長を務めている。1986年、『吉ちゃんの黄色いカバン』で紀伊国屋演劇賞個人賞受賞。2014年、『その場しのぎの男たち』で岡山市民劇場賞男優賞受賞。
またTV、舞台、映画などでも活躍。主な出演作品に、WOWOW連続ドラマW『しんがり 山一證券最後の聖戦』、NHK大河ドラマ『八重の桜』、TBS『ナイナイのお見合い大作戦!』、舞台『國語元年』、映画『男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎』、CM『小林製薬』など。

所属事務所公式プロフィール

コメント

「銀平が高校生の頃、私は家を出ました…。親父は、反抗期の一番大変な時に家に居なかった!!と私を責める時があります。その償いの為に、この芝居を演るのではありません。私達親子の芝居を書きたいと言う、奇特な劇作家、福原充則氏の劇世界に私は魅せられてしまいました。彼の芝居に出たい!!と言うのが私の本音です。でもこの企画を一番喜んでいるのは、沖縄の海で亡くなった、銀平の母であり私の前妻であった幸子に違いない…」


佐藤銀平(さとう・ぎんぺい)

Img19461a.JPG

プロフィール

1977年生まれ。
東京都出身。2015年まで演劇集団 円に所属。現在フリー。円の同期4人による劇団サスペンデッズでも活動中。主な出演作品に【舞台】『鳥瞰図』(2008/新国立劇場)、『シダの群れ3 港の女歌手編』(2013/シアターコクーン)、『真田十勇士』(2013/赤坂ACTシアター)、『南の島に雪が降る』(2014/お台場特設会場)、『バースデイ・パーティ』(2015/ シアターΧ)、『おせん』(2015/シアター711)。【テレビ】『夫婦道』(TBS)、『警官の血』(ANB)、『翳りゆく夏』(WOWOW)他。

サスペンデッズ

コメント

「世界中にいる数多の二世達の中で、僕が一番嫌です、親父のこと言われるの。C作、G平、銀作……あの数々の屈辱の日々。その日々にケリをつけるべく、やることにしました親子共演。協力してくれるのは、頼りになる男、福原充則。これはもうやるしかない!びびってる場合ではない!親父ももう66歳。これを逃せば次はセリフ覚えられないかもしれないし……やります。観に来てください。」


安藤 聖(あんどう・せい)

Img19372a.JPG

プロフィール

東京都出身。
ミュージカル『アニー』で舞台デビュー。自身のユニット「おかぼれ」第2回公演『続ける理由』では、構成も務めた。近年の舞台出演作に、『ブロッケンの妖怪』(作・演出:倉持裕)、岩松了プロデュース『宅悦とお岩~四谷怪談のそのシーンのために』(作・演出:岩松了)、ハイバイ『おとこたち』(作・演出:岩井秀人)、『殺風景』(作・演出:赤堀雅秋)『荒野に立つ』(作・演出:長塚圭史)『ストリッパー物語』(演出:三浦大輔)など多数。映画『HERO』、TV『民王』やCMと幅広く活躍中。福原作品は『墓場、女子高生』以来の2度目の参加。

所属事務所公式プロフィール

コメント

「B作さんとご一緒させていただくのはもちろん、銀平さんともご一緒させていただくのは初めての私。光栄です。とても嬉しいことです。…って正直、恐怖しかありませんよ!笑。そんな心境の中とってもビビりながらのチラシ撮影、あらま。なんとチャーミングなんでしょう。なんと仲の良い親子さんなんでしょう。これなら大丈夫。あとはインフルエンザにでもならなければとっても楽しいことしかない。福原さんの構想もなんだかエンターテイメントなことになっているし、紛れもなく東京No.1親子になってしまう予感。素敵な親子に鋭いツッコミ入れていきます。」


脚本・演出 福原充則(ふくはら・みつのり)

fukuhara.png

プロフィール

1975年6月8日生まれ。神奈川県出身。
02年、ピチチ5(クインテット)旗揚げ、主宰と脚本・演出を務める。また「ニッポンの河川」、「ベッド&メイキングス」など複数のユニットを立ち上げ、幅広い活動を展開する。 生活感あふれる日常的な光景が、飛躍を重ねて宇宙規模のラストまで結実するような物語作りに定評があり、 深い人間洞察を笑いのオブラートに包んで表現するのが特徴。1000人規模のACTシアターや野外と、劇場の条件を問わず強烈な個性を発揮する。宮崎あおい主演による「その夜明け、嘘。」で第54回、「つんざき航路、されるがまま」で第59回岸田國士戯曲賞最終候補作品にノミネート。11/28より、脚本も担当した、初監督映画『愛を語れば変態ですか』が公開。近作に【TV】『SICKS ~みんながみんな、何かの病気~』シリーズ構成・脚本、金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画『視覚探偵 日暮旅人』 脚本【舞台】パルコプロデュース『いやおうなしに』脚本、ベッド&メイキングス『南の島に雪が降る』『サナギネ』『墓場、女子高生』脚本・演出【ラジオ】『レールバイク』脚本【書籍】『振付稼業air:manの踊る教科書』付属DVD/脚本

所属事務所公式プロフィール

コメント

「人様の家庭に首を突っ込んで何をしようというのだろう、私は。なんだか怖いので用心棒として安藤聖さんを連れて佐藤家にお邪魔することにしました。手土産に力のこもった台本でも持っていくことにしようかな。しかし一体どんな台本にすればいいのだろうと悩んで、試しに“佐藤B作・銀平親子”で辞書を引いてみたら、〈砂を噛んでも笑みを絶やさず血を沸騰させて芝居をしてきた親父と泥水飲んでも笑みを絶やさず血を逆流させて芝居をしてきた息子の意〉と書いてありました。やらねばならないことが見えてきました。血の濃い親子の、その血をあぶって、吸引して、クラクラパッパになれたらいいなと思います。合法の範囲内でご提供します。」


●公演情報

omote_oyako.jpgura_oyako.jpgImg19655a.JPG


『あぶくしゃくりのブリガンテ』

脚本・演出:福原充則


出演:

佐藤B作

佐藤銀平

安藤 聖


●チケット



公演日程:2016.2.3(水)〜2.14(木) 下北沢 駅前劇場

timeschedule.png

第26回下北沢演劇祭参加作品



チケット発売:2015.11.21(土)10:00 a.m.

チケット料金 前売・当日:¥4,500
       学生割引 :¥3,500
       高校生以下:¥1,000

チケット取扱い:

■劇団チケット販売:tichets_banner.png


■チケットぴあ

  • 0570-02-9999(Pコード:447-593)
  • セブン-イレブン、サークルKサンクス、チケットぴあ
  • http://pia.jp/t

■イープラス

■ローソンチケット

  • 0570-000-407(オペレーター)
  • 0570-084-003(Lコード:37490)
  • ローソン、ミニストップ店内(Loppi)
  • http://l-tike.com




●会場アクセス


下北沢 駅前劇場

map.png

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F
TEL:03-3414-0019



●スタッフ


美術:片平圭衣子 照明:河上賢一 音響:高塩 顕
衣裳:髙木阿友子 演出助手:入倉麻美 舞台監督:西廣 奏
宣伝美術:ナミヘイ 宣伝写真:露木聡子
劇団ロゴデザイン:野島敏光
制作:笠原健一


協力:オフィスボードビル 円企画 コムレイド ノックス

制作協力:プラグマックス&エンタテインメント


主催:東京No.1親子



●お問合せ


プラグマックス&エンタテインメント 03-6276-8443(平日11:00〜18:00)

info@t1oyako.com